腰を反らすと痛い

腰を反らすことによる痛みの原因はいくつかありますが、ほとんどの場合は腰が反れない状態にあるのにかかわらず反らすから痛いのです。

では、腰が反れない状態とはどういう状態でしょうか?

・背骨を支えている靭帯や筋肉が過度に緊張している。

・背骨が歪んでいて反れない部分がある。

・椎間板(背骨と背骨の間にあるクッション)の前側が押しつぶされている。

これらは、いつも前屈みになる事が多く腰をいつも丸めた状態にしている方にありがちな状態です。

特にデスクワークの方は猫背にならないよう座り方に意識することが重要です。

また、立ち仕事の方でも長時間の中腰姿勢は避けるようにしましょう。

その他にも腰が反れない状態として、

・椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症などの腰の疾患。

・妊婦さんやヒールを毎日履いてる女性に多い「反り腰」。

(すでに腰を反らしているのでそれ以上反る事ができない)

脊柱管狭窄症などで手術や薬物療法が必要の場合もありますが、ほとんどの症状は適切な処置をすれば改善できます。

関連記事

  1. 腰痛と腎臓の関係

  2. 朝、起きた時に腰が痛い

  3. 洗物や風呂掃除をしていると腰が痛い

  4. 長時間座っていると腰や背中が痛い

  5. 腰痛 背部痛

  6. おしりや脚にしびれ・痛みがある(坐骨神経痛等)