長時間座っていると腰や背中が痛い

あなたは座っているとき、まっすぐに正しく座っていますか?
右か左に重心をかけて座ったり、脚を組んで座り前傾姿勢になっていませんか?
腰が痛くなると訴える人の多くは、長時間座って仕事をしていたり、車の運転をしていたり、趣味などで長時間座って作業をしている人が多いのです。
どのケースも長時間にわたって腰周りの筋肉に余分な緊張をかけているという事です。
座るときは重心を左右均等にかける姿勢でまっすぐ座る・脚を組まない・前傾姿勢をしない・腰を丸めた座り方をやめてみましょう。
日頃の座っている椅子や机の高さ、椅子の背もたれの形などをチェックして腰に負担が掛からない体勢で座る事が重要です。
背もたれに腰のS字カーブを保つことのできるクッションをつけるなど、いろいろ工夫してみるといいかもしれませんね。
また、長時間椅子に座るのをなるべく避け、30分~1時間で立ち上がり姿勢をリセットする事をお勧めします。

関連記事

  1. おしりや脚にしびれ・痛みがある(坐骨神経痛等)

  2. 洗物や風呂掃除をしていると腰が痛い

  3. 腰痛 背部痛

  4. 椅子から立ちあがるときに腰が痛い

  5. ギックリ腰

  6. ベルト(コルセット)の違いとその効果