自律神経(ストレス)

最近、認知されるようになってきた“自律神経”ですが、私たちの生活に深く関係しているため、きちんと向き合う必要があります。

交感神経と副交感神経からなる“自律神経”とは、自分の意志とは関係なく作用する末梢神経の一つです。作用は消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意(意志によらず不随意筋によって行なわれる運動)器官の機能を促進または抑制し調整します。

自律神経が乱れると自律神経失調症(自律神経が乱れることで起こる様々な身体の不調)やうつ病、パニック障害などにも繋がります。原因としては、生活習慣の乱れや過度なストレスやストレスに弱い身体や性格、女性ホルモンの影響等が非常に多いです。自律神経の乱れに対しては心身のケアが必要になります。

関連記事

  1. 脳脊髄液

  2. 湿度と自律神経の関係

  3. 自律神経とは

  4. うつ病とセロトニンの関係