自律神経とは

私たちは自分の意思で身体を自由に動かすことが出来ます。これは運動神経による働きです。それに対して心臓や胃、腸、代謝や体温の調節など意識せずとも働いてくれるのが自律神経です。
自律神経は心臓や胃、腸、腎臓、肝臓、血管など自分の意思では動かせない全ての呼吸器、循環器、消化器など身体の機能を調整、コントロールしている神経なのです。
この自律神経は、活動しているときや緊張している時に働く「交感神経」と休んでいる時やリラックスしている時に働く「副交感神経」の2種類があり、それぞれがバランス良く働くことで健康状態を維持しています。

自律神経が乱れてしまう原因と症状

原因
●肉体的、精神的なストレス
私達は常に様々なストレスを感じながら生活しています。職場、仕事、家庭、ご近所、騒音、花粉… 挙げていくときりがありませんね。

●不規則な生活
睡眠不足、偏食、運動不足などが挙げられます。

●疾患による自律神経の乱れ
代表的なものは、自律神経失調症や更年期障害など。

症状
・自律神経失調症 ・うつ病 ・胃痛 ・過換気症候群 ・神経性胃炎 ・過敏性腸症候群 ・メニエール病 ・めまい ・頭痛 ・耳鳴り ・動悸 ・息切れ ・不眠症 ・食欲不振 ・手足の冷えや汗 ・顔の火照り ・便秘 ・下痢 ・肩こり ・腰痛等々…
これはほんの一例ですが、自律神経の乱れにより引き起こされる症状は様々です。

自律神経の乱れの予防・対策

まず、自律神経が乱れる原因として肉体的、精神的なストレスが大きく関係しています。
このストレスと上手に付き合っていくことが大切です。物事をポジティブに考えたり
楽観視にとらえたり一人で考えこまず誰かに相談したりと日頃からストレスを溜め込まないようにします。
また、気持ちが落ち着く音楽を聴いたり、お風呂にゆったりと浸かり疲れを癒やしたりして心身ともにリラックスできる時間を作ることも大切です。
生活習慣ではバランスのとれた食事、十分な睡眠時間、適度な運動をして正しい生活リズムを取り戻しましょう。
その他、普段からイライラしたりストレスを感じていたりしている方はセロトニンが不足しているかもしれません。
セロトニンは精神のバランスを整え、睡眠の質を向上させる効果があります。

関連記事

  1. 脳脊髄液

  2. うつ病とセロトニンの関係

  3. 湿度と自律神経の関係

  4. 自律神経(ストレス)