カルテ内容の詳細

歪みの調整(隠れ肩こり) 50代女性

2020年12月30日

骨盤の歪みが気になって来院。

自覚症状はそこまで強くないが、左の肩が凝りがあり、左眼が痛くなる。自覚症状は左だが右のほうが硬い。昔は右の症状が強かったが現在は落ち着いているらしい。

骨盤、脊柱、頚椎の歪みがあり、特に脊柱のバランスが酷い。胸椎左回旋の可動性が悪く、素人が見てもわかるくらい回旋しる。右上腕の挙がりも悪い。普段、横座りをすることが多く、歪みにも影響が出てる。

全体的にほぐし、各歪みを調整。脊柱の回旋変位を調整をしたら可動域が改善し、右腕がスムーズに挙がるようになった。しかし、右回旋と比較するとまだ硬いため、あと数回調整する必要がある。

その後、バランスが改善してきたため、自覚症状のなかった右側の張りが表面化してきました。症状が慢性化するとこのような例があり、このまま放置していたらさまざまな問題が出でくる可能性があったので自覚症状として現れてよかった例です。

-カルテ内容の詳細