自律神経(ストレス)

湿度と自律神経の関係

投稿日:

湿度は高過ぎても、逆に低過ぎても身体に何らかの影響が表れます。

一般に40~60%程度が快適な湿度とされています。

・湿度が低い場合

40%以下だと、乾燥して皮膚や粘膜が乾きやすくなり、風邪などの感染症を引きやすくなります。

また交感神経が優位となり頭痛、肩こり・イライラなどの症状が表れやすくなります。

・湿度が高い場合

湿度が70%を超えると今度は副交感神経が優位になります。身体にとって良いのでは?と思われますが、リラックスモードが極端になり、無気力、身体がだるい、食欲不振などの症状として表れます。湿気の影響で汗腺が覆われ、汗が出にくくなり、体内に水分が溜まりやすく、水分代謝が悪くなります。

この体調に影響を及ぼす湿気を漢方の世界では「湿邪」と言います。

外湿(大気中の湿気)・内湿(体内の水分)で、お互いに無関係では無く、空気中の高い湿度が内湿体質の方に影響を与えます。

上尾整体院
カラダリペア

営業時間:10:00~21:00(最終受付20:00)
※お昼休みは設定しませんが、予約の空き時間に昼食を取らせて頂きます。

定休日:月曜日、第2・第4火曜日

上尾市向山1-1-6(ニッサン通り沿い、埼玉トヨペット上尾店向い)

お電話でのご予約・問い合わせ

048-708-5433

メールで問い合わせはこちら

おすすめ記事

首/肩/頭痛 1

肩こりの原因 パソコンやスマートフォンの普及やデスクワークによる負担で多くの人が悩まされている肩こり。デスクワークに限らず、長時間の同じ姿勢は体に負担を掛けます。 特に女性の場合は筋量も少なく筋繊維が ...

首/肩/頭痛 2

季節の変わり目は、体調を崩す事が多くなり頭痛に悩まされた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ひと口に頭痛と言っても、すぐに対処しなければならない危険な頭痛から日常的に起こる頭痛まで頭痛の原因・ ...

自律神経 3

なんとなく聞き覚えがある程度で、脳脊髄液と聞いてピンとくる方はあまり多くないのではないでしょうか? ここでは、脳脊髄液とは一体何?どんな役割があるのかを説明していきます。 脳脊髄液は、頭蓋骨や背骨の隙 ...

脚/膝 4

ふくらはぎの痛みで多いのが、むくみとこむらがえり。 立ちっぱなしのお仕事をしている方はどうしてもむくみやすいもの。 あまり慢性化し放置すると、静脈瘤などにもなりやすく常にふくらはぎが張っている状態にな ...

首/肩/頭痛 5

肩の症状の代表格「四十肩・五十肩」 「四十肩・五十肩」は、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。 40~50代の中年以降に多く発症する疾患ですが、年齢に関係なく現れる症状で、20代、30代で起こ ...

-自律神経(ストレス)

Copyright© 上尾整体院 カラダリペア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.