骨盤/下半身

脚の疲れ・むくみ

ふくらはぎの痛みで多いのが、むくみとこむらがえり。
立ちっぱなしのお仕事をしている方はどうしてもむくみやすいもの。
あまり慢性化し放置すると、静脈瘤などにもなりやすく常にふくらはぎが張っている状態になってしまいます。
歩きすぎてふくらはぎが痛い場合は、筋肉痛や筋肉の硬化が考えられます。更に女性の場合はムクミと併発しやすいです。

むくみとは

筋肉は血管やリンパ管を収縮させて、血液を心臓まで運ぶポンプのような働きをしています(新陳代謝)。しかし筋肉が硬くなると収縮する力が弱くなる為滞ってしまいます。また「冷え」も同じように血流を悪くし「代謝の細胞」を、不活発にします。「冷え」と「むくみ」には密接な関係があるという事がわかりますね。新陳代謝が低下すると血流だけではなくリンパの流れも悪くなります。「むくみ」が慢性化すると、老廃物が体内にたまった状態になる為、セルライトができたり、シワ・たるみの原因になることもわかっています。身体の硬い方や運動不足、デスクワークや立ち仕事であまり動かない方は足の収縮が少なくなるので筋肉は硬くなってしまいます。また、規則正しい生活を心がけストレスを溜めないように発散することも大切です。

むくみの原因

ふくらはぎのむくみは、長時間の同じ姿勢・体勢により全身の血行が悪くなり、さらに重力の影響で足の細胞に不要な水分がたまってしまうことで起こります。
一日中、仕事で体を動かすことが少ない方は、帰る時には足やふくらはぎがパンパンなんてことも多いのでは・・・。
他にも足の裏に痛みが出てしまう人もいます。また睡眠不足やストレス、冷え、きつい下着なども関連します。
特に女性は生理時になると女性ホルモンの分泌が増え、血管が拡張されるためふくらはぎがムクミやすくなります。
このように、足やふくらはぎがむくんでしまう原因は様々です。

むくみ対策

一日中同じ姿勢でいることが多い人は、ストレッチなど体を動かすようにすると良いでしょう。
ふくらはぎの下から上に向かって少し熱めのお湯でシャワーを当てるのも効果的です。その後、ふくらはぎを手のひらで軽くマッサージします。
それだけでリンパの流れを改善することができ、むくみ解消の効果があります。
手のひらでマッサージする時に、強く揉みすぎると逆効果になりますので注意しましょう。

その他にも左だけ右だけ痛いなどという場合や、膝や股関節の痛みなどがある場合は身体のバランスの喪失などの原因が考えられます。
その場合は整体で骨盤等の骨格の歪みを調整する事で緩和する事が期待できます。
中年男性で過去に喫煙歴があったり健康診断で中性脂肪の数値に注意が必要な方は要注意です。また、以下の症状もある場合は専門機関で早めの受診をお勧めします。

・しびれなどの神経痛を伴う(脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど)
・安静時でも足に痛みがある・常に冷えている感や色味に変化がある(閉塞性動脈硬化症の疑い)
・顔のむくみが長く続く・体重の増加

 
 
※同業者及び医療関係者の方へ
本記事は同業者の方を批判するの事を目的としておらず、今まで学んできた情報と個人的見解を元に作成しております。
万一、本記事を読まれて事実と異なる内容が含まれていた場合はお手数ですがご連絡ください。必要に応じて修正または削除致します。

-骨盤/下半身