産後矯正

妊娠・産後の症状

出産しても開いた骨盤が戻らず、そのまま放置して更に酷くなったという方も数多くいらっしゃいます。

一般的に産後太りといいますね。(※失礼だと思いますが、わかりやすく説明するために「産後太り」と表現します。)

また、妊娠中から腰痛や恥骨に痛みがある方や、妊娠中や産後直後は大丈夫だったが、出産してから痛みが出る方も多いです。

他にも精神的に不安定(イライラ・産後うつ病など)でお悩みの方も少なくありません。

産後太りの原因

ホルモンの影響

受精・妊娠・産後により、さまざまなホルモンバランスが影響します。(リラキシン・エストロゲン・プロゲステロン・オキシトシン・プロラクチンなど。)

特に産後太りや肩こりなどの症状に関しては、リラキシンというホルモンが大きく関与しています。

妊娠することでリラキシンが分泌され、骨盤内の靭帯が緩みます。

そうすると、徐々に骨盤が開き、産後もその状態がしばらく続きますので産後太りとなります。

産後太りだけでなく、骨盤内の靭帯が緩むことにより、恥骨の痛みや腰痛などの症状が出る場合もあります。

育児の負担

例外もいらっやると思いますが、出産後は育児に追われます。

産後直後よりも骨盤太りや腰痛がひどくなった場合は、産後の影響よりも育児の負担が影響しているかもしれません。

育児中は普段より外出する機会が減り、座る機会も多くなりますので注意が必要です。

骨盤が後傾した座り方(仙骨座り)をしている場合は産後の影響で緩んだ骨盤の靭帯が更に緩くなり、骨盤も開きやすくなり、肩こりや腰痛の原因にもなります。

他にも授乳・おんぶ・抱っこ・授乳・おもつ交換などで体に負担がかかります。

また、夜泣きや育児のストレスで自律神経が乱れで、精神的に不安定(イライラ・産後うつ病など)になる場合があり、この影響で肩こりや腰痛が更に悪化するという悪循環になる場合もございます。

カロリーの取りすぎ

授乳期間は乳房に栄養が溜まりますので、その分のカロリーが必要です。

しかし、取りすぎると単純に消費カロリーよりも摂取カロリーが勝りますので、産後太りとは関係なく太りやすくなります。

また、授乳期間が終わっても、妊娠前の食生活を戻さなければ尚更太りやすくなるのはいうまでもありません。

産後矯正の流れ

step
ほぐし

骨盤周りの筋肉を中心に、関連する筋肉や関節を緩めます。

step
骨盤矯正

産後とは関係のない生活習慣からくる骨盤などの矯正を行います。

出産の影響で開いた骨盤だけを矯正する整体院もあるようですが、当院では全体のバランスを整えることが重要と考えております。

step
産後矯正

出産の影響により開いた骨盤を締め付ける矯正を行います。

step
ホームケアや姿勢のアドバイス

折角、矯正したのに次回来院したらまた開いてしまったということがないように、家でできるストレッチや姿勢についてアドバイスを行います。

 

産後矯正でご来院頂くほとんどの方が姿勢に問題があります。

その場合は骨盤ダイエットでも行っている骨盤矯正の一つである、坐骨の矯正も行います。(参考:骨盤ダイエット