院長のつぶやき 整体のうそ・ほんと

整骨院(接骨院)が行う整体って?

「国家資格者が行う整体だから安心」というような国家資格者だから技術が優れているような表現をしているホームページをたまに拝見します。

このように主張されるのは主に整骨院(接骨院)です。

因みに、昔は「○○接骨院」という名称が一般的でしたが、現在は「○○整骨院」と名称されることが多いようです。

意味は同じですので、以下「整骨院」で統一させて頂きます。

柔道整復師の適応範囲は?

整骨院では国家資格の柔道整復師という資格が必要なので、整骨院資格を持っている人が施術をすれば「国家資格が行う」で間違いありません。

しかし、整骨院の適応範囲は骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの外傷性に対する療法のみです。

肩こりや腰痛の他に、「骨盤矯正」「産後矯正」といったキーワードも見かけますが、本来なら整骨院では適応範囲外となります。

日本柔道整復師会のホームページも以下のような呼び掛けを行っております。

最近は骨盤矯正や脊椎矯正、頭痛や冷え性、単なるマッサージなどを行う接骨院や整骨院がありますが、これらは柔道整復師の業務範囲ではありません。健康被害や金銭トラブルを被ることもあります。業務範囲を守って、良質で安心安全な施術ができる接骨院や整骨院にかかることが肝要です。

なんと、日本柔道整復師会が注意喚起しております。

しかも日本柔道整復師会の会員ではなく、施術を受ける側に対してなので驚きました。

業務範囲を守らなかった場合、どのような処分があるのかわかりまんが、法的には問題がないことから業務範囲を超えた施術を行っていると考えられます。

「保険適応での肩こりや腰痛」これって不正行為?

ま過去に大きな問題となった事例で、健康保険を利用して慢性的の肩こりや腰痛の施術を行う整骨院が現在も存在するようです。

例を挙げると、慢性的の肩こりにも関わらず、整骨院が頸椎捻挫などと偽った診断名で不正請求をして健康保険を適応させるケースがあります。

東京都食品健康保険組合のホームページによると以下のような注意喚起をされています。

接骨院や整骨院での柔道整復師による施術を受ける場合、健康保険が使えるのは「骨折、脱臼、打撲、ねんざ」といったけがに限られていますが、実際はさまざまな不正請求の実態が確認されています。

このような不正請求は詐欺罪として刑法第246条により、懲役処分に該当されるようですので犯罪に加担されないように注意が必要です。詳しくは「東京都食品健康保険組合」のホームページをご確認ください。

日本柔道整復師会とは違う考えですが、整骨院でもしっかりとした技術があれば肩こりや骨盤矯正をやっても問題ないと思います。

しかし、「骨折、脱臼、打撲、ねんざ、挫傷」などといった外傷性以外の肩こり、腰痛、骨盤矯正などの施術をする場合は接骨院でも全て実費(保険適応外)ということになります。

保険会社ではないので正確ではありませんが、「保険適応+実費」もアウトだと思います。

もちろん、柔道整復師の方にも優秀な整体の技術をお持ちの方もいますし、実際に私も整骨院を経営されている柔道整復師の方から技術を学んだことがあります。

決して、整体を取り入れている全ての柔道整復師を批判している訳ではないので、誤解のないようにお願い致します。

 

以上の説明から「国家資格者(柔道整復師)が整体を取り入れる」=「国家資格が行う整体」となりますので、「国家資格者が行う整体だから安心」は信憑性に欠けるのはご理解頂いたでしょうか。

 
 
※同業者及び医療関係者の方へ
本記事は同業者の方を批判するの事を目的としておらず、今まで学んできた情報と個人的見解を元に作成しております。
万一、本記事を読まれて事実と異なる内容が含まれていた場合はお手数ですがご連絡ください。必要に応じて修正または削除致します。

-院長のつぶやき, 整体のうそ・ほんと