肩こり/頭痛/首痛

気圧の変化で頭が痛くなる「天気痛」とは

天気痛は基本的に性別や年齢に関係なく起きますが、特に月経時のホルモンバランスも大きく影響しますので、10代後半~40代の女性が多いといわれています。

実際に当院をご来院されるお客様も圧倒的に女性が頭痛を訴えております。

天気痛とは

天気痛(天気頭痛)は「気象病」ともいわれ、気圧の変化で頭痛が起こります。

気圧が変化すると内耳から前庭神経の興奮することで頭痛が起こります。

頭痛の他に耳鳴りやめまいの他、過去に怪我をしたところにも痛みが出ます。「古傷が痛むから明日は雨が降る」と感じる方もいるようです。

気圧の変化によって頭痛や関節痛の痛みが出るという話はみなさんも承知の通りですが、前庭神経が影響していると発表されたのは平成31年です。

このメカニズムを突き止めた詳細はプレスリリースで公表しておりますので詳しく知りたい方は以下をご参考にしてください。(https://www.aichi-med-u.ac.jp/files/soumu/2018topics05.pdf

また、この研究に関わっていない医師や製薬会社なども天気頭痛について言及しているサイトがありますが、サイトによって書かれている内容が違います。

正確の情報を知りたくて天気頭痛と前庭神経の関係性を突き止めた医師にコンタクトを試みたら詳しくお聞きすることに成功しました。その内容も含めて発信しております。

天気痛のメカニズム

天気痛のメカニズムは以下のとおりです。

  • 天気の影響で気圧が変化する
  • 気圧が変化すると内耳(気圧センサー)にある前庭神経が興奮する
  • 前庭神経が興奮すると自律神経が乱れる
  • 自律神経が乱れることでさまざま症状が起きる

4⃣のところについては、その人が持っている症状が表面化として現れることがわかっています。

症状例としては、片頭痛(心拍数の増加)・緊張性頭痛(血管の収縮)・だるさ・耳鳴り・眠気・慢性痛の悪化などの症状が起こりやすくなります。

雨の日以外にも天気痛は起こります

雨が降ると頭痛になるといいますが、晴天でも気圧痛は起こります。

私は気象予報士ではないので詳しくはわかりませんが、低気圧には多くの水蒸気が含まれており、湿度が上がり、雨が降ります。

天気痛は気圧の変化が影響しておりますので、逆に気圧が上昇しても気圧センサーが働き頭痛になる場合もあります。

ただ、気圧アプリをチェックすると気圧注意報みたいのがわかるのですが、疑問に思ったことがあります。

それは午前中は腫れいて、午後から雨が降っても気圧注意報が出ないということです。

色々と調べてみたのですが、この理由はわかりませんでした。

気圧計を使ってデータを取ればわかるかもしれませんが、この記事の趣旨が変わってきますので諦めました。

要するに、「雨=頭痛」ではなく、「気圧の変化=頭痛」が正解なので、晴れの日でも気圧の変動で天気痛が起こりうることになります。

天気痛対策以前に大切なこと

全ての方に当てはまるかわかりませんが、気圧が影響したときだけ肩こりや頭痛が起きるというわけではありません。

例えば、緊張性頭痛がある方は気圧の変化で症状が出やすくなります。

あくまでも研究データに基づいての見解ですが、緊張性頭痛が改善できれば、気圧が変化しても症状が出ないはずです。

気圧の変化に恐れる前に、根本的な原因を解決させましょう。

対策

天気痛の予防は普段から自律神経が乱れないようにすることが大切です。

施術を受ける

気圧の変化で頭痛がある方の多くは首や肩こりもあります。

整体やマッサージで全身を緩めることで自律神経にも良い影響がありますが、当院では自律神経に特化した施術を行っております。

天気痛の正体が立証できたのは最近なのでまだわからないことが多いですが、当院で施術を受けるようになってから天気に左右されることなく頭痛の症状が改善されたという報告を受けています。

入浴

シャワーだけでなく39度前後の温めで15分程度の入浴をすると自律神経のバランスが乱れにくくなります。

入浴は自律神経だけでなく、1日の疲れを回復させるのにも有効です。また、入浴後は副交感神経を優位にさせたいので、脳を活性化させないのが大切です。仕事や液晶ゲームはなるべく避け、なるべくリラックスさせましょう。

ストレッチ・ヨガ

ストレッチやヨガをすることで首や肩周りの緊張を緩めるのはもちろん、自律神経に効果的なのもあります。毎朝のラジオ体操も効果的です。

既に頭痛が起きている場合は緊張性頭痛なら問題ありませんが、片頭痛の場合は逆効果になる可能性があります。

ご自身がどのタイプの頭痛かわからない方は以下をご参考ください。

参考頭痛

季節の変わり目は、体調を崩す事が多くなり頭痛に悩まされた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ひと口に頭痛と言っても、すぐに対処しなければならない危険な頭痛から日常的に起こる頭痛まで頭痛の原因 ...

続きを見る

耳のセルフケア

気圧センサーといわれている前庭神経のマッサージをすると予防に繋がります。

気圧アプリなどでチェックすると事前に気圧の変化が予測できるので対策することが可能です。また、既に頭痛が起きた場合も有効性があるようです。

頭痛いのにやっても大丈夫なのか心配される方もいらっしゃると思いますが、前庭神経の理論及び耳のセルフケアを考案した佐藤医師から直接お聞きしたのでご安心して行ってください。

こちらもCHECK

23,天気頭痛(内耳)のセルフケア

雨の日や気圧の変化で頭痛になる原因は自律神経のバランスが崩れ、内耳(前庭器官)に問題が起きることが原因といわれています。 天気予報等を確認し、症状が出る前に行うことが理想ですが、症状が出てからでも早期 ...

続きを見る

 

 

 
 
※同業者及び医療関係者の方へ
本記事は同業者の方を批判するの事を目的としておらず、今まで学んできた情報と個人的見解を元に作成しております。
万一、本記事を読まれて事実と異なる内容が含まれていた場合はお手数ですがご連絡ください。必要に応じて修正または削除致します。

-肩こり/頭痛/首痛